がん保険はどのような方が加入すべきなのか

1

「多くの医療保険がある中、その中でもがん保険の加入ってしていた方がいいのかな?」と悩む人も多いのではないでしょうか。
がん保険はどのような方が加入すべきなのか、今回はがん保険の加入についてご紹介します。
▼がん保険とは
がん保険とは、がんに罹患した際に手厚い保障を受けられる保険のことです。
がんと診断を受けた時のために備えておく保険であり、がんの保障に特化した保険になります。
がんの治療は治療費が高くなる場合や長期的な治療や入退院を繰り返すこと場合も多くあり、事前に備えておくと安心です。
▼がん保険はどのような方が加入すべきなのか
■自営業者やフリーランスの個人事業主
営業者やフリーランスなどの個人事業主は国民健康保険に加入しており、会社員が加入する社会保険とは異なります。
がんに罹患して長期間働けなくなった際に、会社員のように「傷病手当金」を受け取ることができません。
そのため、治療で長期化した場合収入が確実に減少し、経済面負担が大きくなります。
■がんに罹患した際に経済的な不安が大きい方
がんの治療は治療費もかかりますし、長期間働くことができなくなることもあり収入が減ってしまいます。
そうなった時のためにも、経済的に不安が大きい方はがん保険に加入しておくと安心です。
■先進医療での治療を希望する方
先進医療は健康保険が適用外となるため、他の治療と比べると費用が高額です。
最先端の治療を受けたいと考えている方は、先進医療特約付きのがん保険に加入しておくと費用を気にせず治療に専念できます。
■がん家系の人
がんには遺伝性のがんが存在するので、親族にがんに罹患したことがある人はがん保険に加入しておくと安心ですよね。
身内にがん患者がいる場合は、がん保険を検討してみるといいかもしれません。
▼まとめ
がん保険は、健康保険による保障や収入面などの心配がある方や治療に専念したい方は加入すべき保険と言えます。
年齢を重ねると病気のリスクは確実に高くなりますので、気になるタイミングで保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。
『株式会社Wells Insurance』では、加入はもちろん見直しや請求など、 あらゆるケースに応じてサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。