税制改正後の法人保険について

26

「税制改正後の法人保険が知りたい」とお考えではありませんか。
2019年の税制改正ではどのような変更があったのでしょうか。
本記事では税制改正後の法人保険を簡単に解説します。

▼税制改正後の法人保険について
2019年の税制改正により、解約返戻金のない短期払いの第三分野保険には新税制が適用されています。
改正後は。被保険者1人あたりにつき当該事業年度内の保険料が30万円以下なら、全額損金算入が認められる仕組みです。

■法人保険での節税を考えるなら専門家に相談
法人保険を節税対策に活用したいと考える経営者様も多いでしょう。
税制改正後も節税効果は期待できますが、長期的に考える必要があります。

そこで法人保険での節税を考えるのであれば、保険の専門家に相談してみてください。
保険代理店なら知識の豊富なスタッフが、ヒアリングのうえで最適な法人保険を提案してくれます。
効果的に節税するためにも、ぜひ専門家への相談を検討してみましょう。

▼まとめ
法人保険は2019年に大きな税制改正があり、状況が以前と変わっています。
そこで法人保険を使った節税を考えているのでしたら、ぜひ専門家に相談してみてくださいね。
赤坂にある「株式会社WellsInsurance」では、保険のプロフェッショナルとして法人保険についてもご相談を承っております。
全国への出張相談も可能で、保険でのお悩みをしっかりサポートしておりますのでぜひお問い合わせください。