生命保険の「満期」とは何を意味しているの?

16
生命保険の「満期」とは何を意味しているのでしょうか。
「専門用語が多くて保険のことは分からない」と感じている方も多いでしょう。
本記事では生命保険の満期について分かりやすく解説します。

生命保険の満期とは?
「満期」とは契約で定められた保険期間の満了時を意味する言葉です。
そのため満期はそれぞれの契約ごとに違いがあります。
満期を持って契約は終了となり保険期間も終わるものです。

自分が契約している生命保険の満期をチェックするなら保険証券を確認してみましょう。
満期の定めがある生命保険であれば保険証券に記載されているはずです。
契約している保険の満期日を把握しておいて、必要に応じて見直しや追加をしてくださいね。

■終身保険にも満期の設定があるの?
満期がなく払込期間を終えても保障が一生涯続くのが終身保険です。
終身保険の契約をして定年を迎える前に払い込みを済ませると、老後の負担を軽くできるでしょう。
それぞれのライフプランに合わせて自由に契約できるのが生命保険の魅力だと言えます。

▼まとめ
生命保険の「満期」とは契約によって定められた保険の満了日を意味している言葉になります。
契約により満期には違いがあるものですので、契約している保険の保険証券をチェックしておくと良いでしょう。
満期の定めがなく生涯保障を受けられる仕組みとなっているのが終身保険です。
種類ごとの内容を把握したうえで、自分のライフスタイルに合った保険を契約してくださいね。