生命保険に入る必要性はあるの?

14
生命保険に入る必要性はない」とお考えではありませんか。
健康状態に問題がなく、必要性が感じられない方もいらっしゃいますよね。
そこで生命保険の必要性について分かりやすく解説します。

生命保険に入る必要性はあるの?
日本では全国民が公的医療保険に加入していますが、約8割以上は生命保険にも加入しています。
なぜなら公的医療保険だけではすべての医療費をカバーできない可能性があるからです。

怪我や病気をする可能性は高くないかもしれませんが、生命保険に入ると大きな備えになるのです。
大きな怪我や病気で動けなくなってしまうと、経済的な負担も大きくのしかかるでしょう。
そのため、生命保険に入ると安心であると考えられます。

■怪我や病気に備えるなら生命保険を検討しよう
貯蓄額が大きく怪我や病気でも経済的不安がないのなら加入する必要がない場合もあります。
しかし備えに不安があるのなら生命保険を検討してみましょう。
生命保険に加入すると、所得税や住民税の控除が受けられるというメリットもあります。

▼まとめ
健康な時は生命保険の必要性はないと感じられるかもしれませんが、怪我や病気をした時には備えとして使えます。
いざという時の備えとして、ぜひ生命保険の加入も検討してみてくださいね。
保険についてお困りごとは豊富な知識を持つ「株式会社WellsInsurance」がご相談をお伺いします。
保険選びから資産形成まで広くサポートしておりますので、興味をお持ちでしたらぜひ弊社までお声がけください。