生命保険の請求期限について

11
生命保険に請求期限は定められているのでしょうか。
「入院していたのに忘れていた」という話もありますよね。
本記事では生命保険の請求期限について紹介していきます。

生命保険の請求期限には決まりがあるの?
原則として生命保険の請求期限は3年ですので、忘れずに請求しましょう。
保険法では3年を過ぎると権利が消滅すると定めています。
ただし3年を経過しても、状況次第では請求が可能です。
忘れないのが理想的ですが、念のため問い合わせをしてみてください。

■なぜ生命保険の請求期限を過ぎることがあるの?
生命保険の請求期限を過ぎる理由は人によって違いがあります。
特に多いのが以下のような理由です。

・日帰り入院・日帰り手術であり対象外だと勘違いしていた
・保険契約の存在自体を忘れていた
・保険に入ったばかりだった

「保険料を払ってはいるが内容は良く分かっていない」というケースも多いものです。
請求忘れをしてしまうと、毎月生命保険料を支払っている意味がないと感じられてしまいますよね。
そのため生命保険の内容についてはしっかりチェックしておくと良いでしょう。

▼まとめ
生命保険の請求期限は3年と定められているのですが、状況によっては3年を過ぎていても請求できる可能性があります。
もし請求期限を過ぎてしまっているのなら、念のため保険会社に問い合わせをしてみましょう。
請求期限を過ぎたり、請求せずに終わってしまったりする理由には、人によって異なるものです。
いつのまにか期限を過ぎてしまうことがないように、生命保険の内容は必ず自分で把握しておいてくださいね。